« スーパーロボット超合金 グレートマジンガー | トップページ | 宇宙船 »

2010年9月 1日 (水)

第9地区

みなさんこんばんわ、MAXです。今回は久々に映画の話。DVDで最近見た映画「第9地区」、不思議な映画でしたね。どこかアバターにも似たような話です。監督は「(キング)コング」のピーター・ジャクソン。ドキュメントタッチの宇宙人物。といっても地球に住み着いて、その後隔離された場所で過ごす宇宙人を国家と人々がさらに虐待し、そこに巻き込まれた1人のお調子者の男の話です。(よくわからない説明でスミマセン)E.T.にも似ているような、感じでした。で、画像は全く違う仮面ライダーの敵ミミズ男。どこかその宇宙人に似てたので載せました。宇宙人は地球の人に「海老」と呼ばれています。

Cimg8756

Cimg8758

主人公はある事から感染してしまい、宇宙人になりつつあります。これはどこか「ザ・フライ」にも似ています。このミミズ男の左手みたいになっていきます。興味ある人はまあ、見て損はないと思います。

で、次に見たのがタランティーノの「イングロリアス・バスターズ」これは、久々の傑作でしたね。タランティーノのバイオレンス調が戦争映画と合体した見応えある物。あくまで架空の話ですがこれは絶対お勧め!

他にはアニメ宇宙船艦ヤマト復活篇。これも、まあ懐かしいなという感じです。その他に、伊坂幸太郎のゴールデン・スランバーも見ました。伊坂映画の中で1番原作に忠実な作りと感じました。(でもアヒルと鴨、重力ピエロはまだ未見)

|

« スーパーロボット超合金 グレートマジンガー | トップページ | 宇宙船 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

963さん、こんばんわ!
本当に先が読めない話でスリルありましたね。宇宙人も最初は気持ち悪く見えたのがだんだんと慣れてくるのが不思議ですね。主役もだんだんと良い人になっていきますし。

投稿: max | 2010年9月 1日 (水) 20時15分

第9地区は映画館で観てブルーレイも買いました。
たしかにアバターぽくもありますが、ほとんど予測不可能な展開(主人公が馬鹿だから)もスピード感があって楽しめました。
これは傑作だと思います。

投稿: FM963 | 2010年9月 1日 (水) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223304/49315898

この記事へのトラックバック一覧です: 第9地区:

« スーパーロボット超合金 グレートマジンガー | トップページ | 宇宙船 »