« ターミネーター シリーズ2 T-1000 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます! »

2011年12月23日 (金)

あこがれの映画監督

みなさんこんばんわ、MAXです。久しぶりの更新、今回はおもちゃでなく、書籍。日本映画を代表する森田芳光監督が亡くなってしまいましたね。非常にショックです。学生の頃、森田監督の映画が好きな仲間がいて、その影響で興味を持ってこれらの本を読んでました。デビュー作の「の・ようなもの」から最近の「武士の家計簿」など一連の作品を見て影響を受けました。8mm映画の「ライブ・イン・茅ヶ崎」も映研のみんなで見に行ったなあ。田舎者の自分は都会の風景(黄昏の工場地帯のライトアップなど)が特に印象に残り、カッコイイ映像を撮る人だなあ!と思ってました。さわやかで、変わった視線、お笑いありで、食事シーンもよくありましたね。それにしても61歳とは早すぎますね。ご冥福を祈ります。

Dscf0359

今、読み返してます。斬新な映画ばかりで、こういうの見ると映画作りたくなります。

|

« ターミネーター シリーズ2 T-1000 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223304/53551695

この記事へのトラックバック一覧です: あこがれの映画監督:

« ターミネーター シリーズ2 T-1000 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます! »